東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育

ここから本文

【教育】

写真

 小学六年と中学三年の全員を対象にした文部科学省の「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)が十八日、一斉に行われた。国語と算数・数学の二教科で実施し、計約二百十二万八千人が参加。結果は八月ごろに公表する。(4月18日 夕刊) [→記事全文へ]

 
写真

 サンゴを食い荒(あ)らし被害(ひがい)をあたえるオニヒトデが卵(たまご)を産む時期に集まるのは、特殊(とくしゅ)な物質(ぶっしつ)を出して仲間を引きよせているためではないかとの研究結果を、沖縄(おきなわ)科学技術(ぎじゅつ)大学院大学などのチームが発表しま…(4月27日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

沖縄の近海でサンゴを食べる、とげにおおわれたオニヒトデ(沖縄科学技術大学院大の座安佑奈氏提供)

 

 新聞を活用して社会人としての力を高め、仕事にも役立てもらおうと、東京新聞では企業や自治体、大学などへの「出前講座」を実施しています。NIB(Newspaper in Business=ビジネスに新聞を)の取り組みです。
 新聞を読むことによって得られる力には、主に「雑談力」「発想力」「分析力」「人生経験力」「共感力」「広報力」があります。これら「6つの力」につながる新聞の読み方、活用法などを編集局のデスク、記者が出向いて解説します。講義だけでなく、気になる記事をグループごとに切り抜きまとめる「まわしよみ新聞」などのワークショップにも取り組んでいます。
 新入社員、職員や若手、中堅向けまで、ご要望に応じる「オーダーメードの研修」が東京新聞「出前講座」の特長です。
 お申し込み、お問い合わせは出前講座・NIB担当・榎本哲也(03−6910−2200)へ。

 
写真

 注目する新聞記事を切り抜き、一枚の紙にまとめて支店内で回覧する取り組みを続ける城南信用金庫蒲田支店(東京都大田区)の若手職員らが、日ごろの活動を生かし、金庫内の催しを取材して「蒲田新聞」を発行した。(4月9日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

「蒲田新聞」を作った(左から)浅野裕一さん、杉野巧さん、後藤優星さん=東京都大田区で

 
写真

 「弱者狙い『許せぬ』」、という紙面左上の大きな白抜き文字が目を引く。相模原市で発生した障害者施設の殺傷事件の見出しで、記事本文とは別に切り抜き、読み手にインパクトを与えている。(4月25日 紙面から) [→記事全文へ]

 

PR情報