東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育

ここから本文

【教育】

 国公立大二次試験の後期日程が十二日、全国の大学で始まった。文部科学省によると、一時間目の受験者数は七万四千二十二人で、欠席率は昨年より0・1ポイント増の56・5%だった。国立の欠席率は0・1ポイント増の56・5%、公立は0・2ポイント増の56・6%。(3月13日 紙面から) [→記事全文へ]

 
写真

 国立天文台はハワイにある日本のすばる望遠鏡の高性能(こうせいのう)カメラで7000万個(こ)もの銀河(ぎんが)を撮影(さつえい)した「宇宙(うちゅう)地図」の公開を始めました。(3月23日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

すばる望遠鏡で撮影された、オタマジャクシのような形をした銀河(国立天文台/HSCProject提供)

 

 新聞を活用して社会人としての力を高め、仕事にも役立てもらおうと、東京新聞では企業や自治体、大学などへの「出前講座」を実施しています。NIB(Newspaper in Business=ビジネスに新聞を)の取り組みです。
 新聞を読むことによって得られる力には、主に「雑談力」「発想力」「分析力」「人生経験力」「共感力」「広報力」があります。これら「6つの力」につながる新聞の読み方、活用法などを編集局のデスク、記者が出向いて解説します。講義だけでなく、気になる記事をグループごとに切り抜きまとめる「まわしよみ新聞」などのワークショップにも取り組んでいます。
 新入社員、職員や若手、中堅向けまで、ご要望に応じる「オーダーメードの研修」が東京新聞「出前講座」の特長です。
 お申し込み、お問い合わせは出前講座・NIB担当・榎本哲也(03−6910−2200)へ。

 
写真

 住宅総合メーカー「大和ハウス工業」東京本社(東京都千代田区)で、大和ハウスグループ各社の広報担当者らが広報の基本や広報写真の撮り方を学ぶ東京新聞出前講座が行われた。グループ各社の広報スキル向上を目的にした研修の一環で、大和ハウス工業が本紙に講座を依頼した。(3月11日 紙面から) [→記事全文へ]

 
写真

 二刀流という言葉をしばしば目にする。「二刀流の行方」「二刀流の覚悟」など。プロ野球・日本ハム大谷翔平選手の投打に渡る活躍の影響である。 二刀流は二つの技能に優れる意味で用いられている。(3月21日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

投手と野手を両立する日本ハムの大谷翔平選手

 

PR情報