東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 教育ニュース > 記事

ここから本文

【教育ニュース】

成績の提供時期と入試の近接再考を 共通テストで私大連盟

 日本私立大学連盟は九日、二〇二〇年度に大学入試センター試験を衣替えして導入する「大学入学共通テスト(仮称)」を巡り、成績提供時期と各大学の入試期間を近接させる文部科学省の検討案が採用されれば、共通テストの利用が難しくなるとして、再検討を求める意見書を同省に提出した。

 国語と数学で記述式問題を導入することから、文科省の検討案では採点期間を確保するため大学側への成績提供を一月末〜二月初旬から一週間程度遅らせる。同時に、現行二月一日〜四月十五日に実施している各大学の一般入試期間を一月二十五日〜三月二十五日に前倒しし、発表までの間、多面的な観点で合否判定する時間を取れるようにする。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by