東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 教育ニュース > 記事

ここから本文

【教育ニュース】

入試の改革案 国大協も批判

◆英語民間移行「拙速」

 国立大学協会は十四日、総会を開き、二〇二〇年度に大学入試センター試験を衣替えして導入する「大学入学共通テスト(仮称)」について、英語を民間検定試験に全面移行するとした文部科学省案に対し、「現時点で可否の判断は拙速」とする意見書をまとめ、文科省に提出した。

 日本私立大学連盟も共通テストの成績提供時期に問題があるとして再検討を求めている。文科省案は国立と私立の双方の大学団体から批判される形となり、六月中にも決める共通テストの実施方針に影響が出る可能性がある。

 文科省は五月、二〇年度から検定試験に全面移行するA案と、二三年度までは共通テストと検定試験の双方またはどちらかを受け、二四年度から全面移行するB案を示していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by