東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 教育ニュース > 記事

ここから本文

【教育ニュース】

京大入試ミス 解答例非公表を継続 文科相「開示ルール作成」

 昨年二月に実施した一般入試の物理の問題で出題ミスがあった京都大は、これまで入試の解答例を公表してこず、今後も非公表の方針であることが二日までに分かった。林芳正文部科学相は同日、解答例の公表も含めた入試情報の開示のルール作りに着手する考えを示した。

 大阪大の出題ミスでは、解答例を開示していたことで外部の検証につながったとの声もあるが、京大は記述式の問題の増加を挙げ、大学が正答を示すことに否定的だ。今回、追加合格を出すなどの事態を招いているだけに、解答例公表の是非を巡り今後、議論を呼ぶ可能性もある。

 出題ミスを認めた一日の記者会見で、なぜ公表してこなかったかを問われた北野正雄副学長は「知識だけを問うのではなく、(受験生が)解答に至った経緯を見たい。ポリシーとして非公表にしている」と説明した。背景には、物理や化学の教科はできる限り記述式の問題にするよう取り組んでいることがあるといい、解答例の公表は「逆方向だ」と強調した。

 さらに、「いきなり来年から正答を出すのは、今まで何だったのかという感じもある」とし、今後も非公表を継続する考えを示した。

 京大は一日、「問題文の条件設定が不足していたため、正解が一つに定まらなくなっていた」としてミスを認め、不合格になった受験生十七人を追加合格させ、京大に入学している十一人に本来合格していた学科への転学科を認めると発表した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報