東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 教育ニュース > 記事

ここから本文

【教育ニュース】

小6、中3学力テスト、213万人参加 理科加え3教科

東京都内の小学校で行われた全国学力テスト=17日午前

写真

 小学六年と中学三年の全員を対象にした文部科学省の「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)が十七日、一斉に行われた。国語と算数・数学に加え、三年ぶりに理科を加え三教科で実施し、計約二百十三万四千人が参加。結果は七月に公表する。

 参加は小学校一万九千六百二十九校の約百七万二千人と、中学校一万八十校の約百六万二千人。国公立は全校で、私立の参加率は49・8%。東日本大震災で事実上実施できなかった二〇一一年度を除き、今回で十一回目となる。島根県西部で震度5強を観測した地震の影響で、同県大田市の市立小中学校二十二校は十七日のテスト実施を見送り、後日の参加となる。

 林芳正文科相は十七日の閣議後記者会見で「調査結果が教育施策や指導方法の検証や改善充実につながるよう、学校や教育委員会と適切に連携していく」と述べた。

 国語と算数・数学は基礎的知識を問うA問題と、知識の活用力をみるB問題に分けて出題。理科は知識と活用を一体的に問う。同時に子どもたちに学習意欲や生活習慣などを尋ねる質問調査も実施し、さまざまな分析に役立てる。

 文科省は来年度から三年に一度程度、中三全員を対象に英語も実施する予定で今年五月に一部の学校を抽出して予備調査を行う。また、国語と算数・数学について、知識と活用を一体的に扱う新形式に変更する方向でも検討している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報