東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<科学編>働きアリ 子育てに付きっきり

幼虫を運ぶトゲオオハリアリ=東京大学提供

写真

 働きアリはふだん昼に働き夜に休みます。ところが、近くに卵(たまご)や幼虫(ようちゅう)を置くと、昼夜に関係なく動き続けることが東京大学などのチームの研究で分かりました。夜もねずに卵や幼虫の世話をすることで、弱い卵や幼虫が生き残る割合(わりあい)を高めていると考えられます。

 東京大学の岡田泰和(おかだやすかず)先生は「子育てに付きっきりになるのは、動物に広く共通する性質(せいしつ)かもしれない」と話しています。

 チームは、沖縄(おきなわ)などにすむ体長1センチほどのトゲオオハリアリと卵、幼虫を小さな入れ物に入れて、観察しました。

 すると、きれいにするために卵や幼虫をなめるなど、一日中動き回りました。しかし、卵や幼虫を入れずに1匹(ぴき)だけにした場合や、世話の必要があまりないさなぎといっしょにした場合は、昼は活動するものの、夜はあまり動きませんでした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報