東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<経済編>受付に恐竜ロボ「変なホテル」開店

「変なホテル舞浜東京ベイ」の受付の恐竜ロボット=千葉県浦安市で

写真

 東京ディズニーランドのある千葉県浦安(うらやす)市に、ロボットがお客さんをおもてなしする「変なホテル舞浜(まいはま) 東京ベイ」がオープンしました。

 新しいホテルはJR舞浜駅から歩いて20分で6階建てです。客室は100室で、全ての部屋に人工知能(ちのう)(AI)を持つ客室ロボットがあり、部屋のエアコンなどをつけてくれます。

 受付には2体の恐竜(きょうりゅう)ロボットがいて、お客さんはロボットの案内でとまるための手続きをします。ホテルの変な名前は「変化し進化していくという方針(ほうしん)のホテル」という意味だそうです。

 ホテルはエイチ・アイ・エスグループという旅行会社がつくりました。長崎(ながさき)県佐世保(させぼ)市の大型リゾート施設(しせつ)「ハウステンボス」でも「変なホテル」を営業(えいぎょう)していて、今回のホテルは二つ目です。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報