東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<科学編>正確に位置測る衛星打ち上げ

日本の衛星「みちびき」の想像図=準天頂衛星システムウェブサイトより

写真

 人工衛星(えいせい)を使って自分がいる位置が分かる仕組みが衛星利用測位(そくい)システム(GPS)です。その正確(せいかく)さを高めるための衛星「みちびき」の2号機が、H2Aロケットで打ち上げられました。

 車のカーナビやスマートフォンに使われるGPSは、アメリカの衛星が出す電波を利用します。これにみちびきの電波を組み合わせると、位置のずれを数センチまで小さくできます。運転する人がいなくても車を道で走らせることができそうです。

 みちびきは宇宙(うちゅう)を飛びながら地球を回っていますが、地上から見ると空の上で8の字をえがく面白い動きをします。いつでも私(わたし)たちの頭上にいるようにする工夫です。今は衛星が2個(こ)だけですが、これから数をふやして日本の衛星だけでGPSができるようにすることを目指しています。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by