東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<国際編>イギリス総選挙 与党過半数割れ  

9日、笑顔で家を出るコービン労働党党首(左)(ロイター・共同)と、イギリス南部で総選挙の結果を見守るメイ首相(AP・共同)

写真

 イギリスで8日総選挙(そうせんきょ)があり、メイ首相がひきいる与党(よとう)の保守党(ほしゅとう)が第1党にとどまったものの、議席をへらして過半数(かはんすう)を取れませんでした。一方、最大野党の労働党(ろうどうとう)は議席をふやしました。メイさんの責任(せきにん)を問う声もありましたが、メイさんは首相を続ける考えです。もともと選挙は2020年に行われる予定でした。しかし、今年4月、保守党の支持率(しじりつ)が労働党を大きく上回り、選挙に勝てるとみたメイさんが予定を早めました。ただ、選挙公約をかえたり、テロ事件(じけん)が相次いで起こったりしてメイさんの指導力(しどうりょく)に批判(ひはん)が強まり、保守党への支持が離(はな)れたようです。

 イギリスは、欧州連合(おうしゅうれんごう)(EU)からぬけることを決めていて、近く、EU側と話し合いが始まります。しかし、ぬけることに積極的な保守党が、過半数の議席を取れなかったことで、話し合いはうまく進まないかもしれません。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by