東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<社会編>100歳以上のお年より 6万7824人

孫らと記念写真におさまる国内最高齢女性の田島ナビさん(手前)=2015年、鹿児島県・喜界島で

写真

 厚生労働省(こうせいろうどうしょう)の調査(ちょうさ)で、全国の100歳(さい)以上のお年よりがこれまでで一番多い6万7824人に上ることが分かりました。昨年よりも2132人多く、統計(とうけい)を始めてから47年連続でふえています。厚労省の担当者(たんとうしゃ)は「医学の進歩が影響(えいきょう)している」としています。全体の87.9%に当たる5万9627人が女性(じょせい)でした。

 国内最高齢(さいこうれい)は、女性で117歳の田島(たじま)ナビさん。鹿児島(かごしま)県の喜界島にある老人ホームでくらし、おかゆやみそしるをミキサーにかけたものをよく食べているそうです。

 男性の最高齢は、112歳の野中正造(のなかまさぞう)さん。北海道足寄町で、かつて経営(けいえい)していた旅館でくらしています。世界記録を認定(にんてい)するギネス・ワールド・レコーズ社は、田島さんと野中さんをそれぞれ、世界最高齢の女性と男性として認定する可能性(かのうせい)が高いということです。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by