東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<スポーツ編>畑岡選手 女子ゴルフ2人目快挙

ゴルフの日本女子オープン選手権で2連覇を達成し笑顔の畑岡奈紗選手

写真

 女子ゴルファーの日本一を決める日本女子オープン選手権(せんしゅけん)で、18歳(さい)の畑岡奈紗(はたおかなさ)選手がアマチュアとして初めて制(せい)した昨年に続き大会2連覇(れんぱ)を果たしました。連続優勝(ゆうしょう)は1968年から4連覇、1976年から2連覇した樋口久子(ひぐちひさこ)さん以来40年ぶり2人目の快挙(かいきょ)です。

 畑岡選手は1日の最終ラウンドで8バーディー、1ボギーで大きくスコアを伸(の)ばし、2位に8打差をつけました。通算20アンダー、268ストロークはともに国内四大大会新記録です。「プロとして女子オープンを勝ててすごくうれしい」と喜びを表しました。

 高校3年生で臨(のぞ)んだ昨年の大会で最年少優勝を達成。その後プロに転向し、今季は主にアメリカツアーを転戦しました。現役(げんえき)に別れを告げた元世界ランキング1位の宮里藍(みやざとあい)さんに憧(あこが)れた若手(わかて)の有望株(かぶ)が、節目の50回を迎(むか)えた権威(けんい)ある大会で新たな歴史を刻(きざ)みました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by