東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<スポーツ編>暴力事件で横綱の日馬富士引退

引退の記者会見をする横綱日馬富士関=11月29日、福岡(ふくおか)県太宰府(だざいふ)市で

写真

 大相撲(おおずもう)の横綱日馬富士関(よこづなはるまふじぜき)(33)が11月29日、現役(げんえき)を引退(いんたい)しました。同じモンゴル出身の貴ノ岩(たかのいわ)関(27)に暴力(ぼうりょく)をふるい、けがをさせた責任(せきにん)をとりました。日馬富士関は記者会見して「横綱としてやってはいけないことをやった」と反省の言葉を述(の)べました。

 日馬富士関は10月25日の夜から26日未明にかけて、鳥取(とっとり)市内の飲食店で、横綱の白鵬(はくほう)関、鶴竜(かくりゅう)関らモンゴル出身の力士たちとお酒を飲んだときに、貴ノ岩関の態度(たいど)に腹(はら)を立て、平手やカラオケのリモコンで貴ノ岩関の頭をなぐり、けがをさせました。

 貴ノ岩関の師匠(ししょう)の貴乃花(たかのはな)親方が鳥取県警(けんけい)に被害(ひがい)を届(とど)け、警察が傷害事件(しょうがいじけん)として捜査(そうさ)しています。日馬富士関は2001年に初土俵(はつどひょう)を踏(ふ)み、優勝(ゆうしょう)9回。日本国籍(こくせき)を持っていないので、親方になることはできません。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報