東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<くらし編>年始め 火消しの文化 見て用心

東京消防庁の出初め式で披露されたはしご乗り=6日、東京都江東区の東京ビッグサイトで

写真

 毎年、年始めに行われる東京消防庁(しょうぼうちょう)の出初(でぞ)め式が6日、東京都江東(こうとう)区の東京ビッグサイトで開かれました。

 出初め式は、消防の仕事をする人たちが新年に集まって、火事の消し方などを人々に見せ、防災(ぼうさい)の意識(いしき)を高める行事です。

 東京消防庁の消防隊員や消防団員(だんいん)ら約2800人が参加し、消防車約150台のほか、ヘリコプターなどが出動。大きな地震(じしん)がおきたとの想定で、高層(こうそう)ビルや倒(たお)れた建物に取り残された人々を救助する訓練が行われました。

 江戸(えど)時代の「火消し」の文化を伝える伝統(でんとう)の「はしご乗り」も行われました。「はしご乗り」は、はしごの一番上で逆立(さかだ)ちをするなどさまざまな技(わざ)を披露(ひろう)するもので、会場は拍手(はくしゅ)と歓声(かんせい)に包まれました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報