東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<社会編>海老名で「セグウェイ」体験しよう

「セグウェイベース」でコース走行を体験する人たち=3月24日、神奈川県海老名市で

写真

 体重移動(いどう)だけで操作(そうさ)する立ち乗りの電動二輪車「セグウェイ」を体験できる施設(しせつ)「セグウェイベース」が、神奈川(かながわ)県海老名(えびな)市にオープンしました。運営(うんえい)会社によると、セグウェイ専門(せんもん)のテーマパークができたのは日本で初めてです。

 敷地(しきち)の広さは約6200平方メートルで、コースの全長は約1キロ。路面にはウッドチップや砂利(じゃり)が敷(し)かれ、ポールをよけて走行するスラロームや坂などがあります。

 運営会社のセグウェイジャパンは「多くの人に乗ってもらい、楽しさを知ってほしい」としています。

 最初は無料で講習(こうしゅう)が受けられますが、残念ながら16歳(さい)未満の子どもは利用できません。体験した人は「思ったより簡単(かんたん)だった。また乗ってみたい」と満足した様子でした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報