東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<スポーツ編>池江選手が日本新6回出したよ

女子50メートルバタフライで優勝し笑顔の池江璃花子選手。出場4種目全てを日本新で制した=8日、東京辰巳国際水泳場で

写真

 水泳女子の17歳(さい)、池江璃花子(いけえりかこ)選手が8日まで東京辰巳国際(たつみこくさい)水泳場で行われた日本選手権(せんしゅけん)で、6度の日本新記録をマークしました。この大会で出場した全4種目を日本新で制(せい)し、2020年東京オリンピックへ大きく期待をふくらませました。

 池江選手は大会初日の100メートルバタフライ準(じゅん)決勝で日本新記録をつくると、翌日(よくじつ)の同種目決勝で再(ふたた)び日本新をマーク。第4日は50メートル自由形を日本新で制し、第5日は100メートル自由形準決勝で日本新を樹立(じゅりつ)しました。最終日も勢(いきお)いは止まらず、100メートル自由形決勝で日本新を更新(こうしん)し、50メートルバタフライでも新記録で優勝(ゆうしょう)しました。

 競泳ニッポンで女子の大黒柱として8月のパンパシフィック選手権(東京)や8〜9月のジャカルタ・アジア大会に臨(のぞ)みます。「夏の試合は自信を持って臨めると思う」と力強く話しました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報