東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<文化編>藤井さん七段に 最年少15歳9カ月

史上最年少で昇段した藤井聡太七段=5月18日、大阪市の関西将棋会館で

写真

 将棋(しょうぎ)の藤井聡太(ふじいそうた)六段(だん)が5月18日、史上最年少の15歳(さい)9カ月で七段に昇段(しょうだん)しました。1957年、加藤一二三(かとうひふみ)・九段(78)が記録した17歳3カ月を61年ぶりにぬりかえました。

 2016年10月、最年少の14歳2カ月でプロ棋士(きし)(四段)となった藤井七段は、今年2月1日に五段、2月17日に六段となったばかりでした。

 大阪(おおさか)市の関西将棋会館で指された棋戦で、船江恒平(ふなえこうへい)六段(31)をやぶって昇段を決めました。対局後、藤井七段は「ここまで速いペースで昇段できるとは思いませんでした。一局一局に全力で打ちこんできたのでうれしいです」と話しました。

 20歳0カ月で七段になった、第一人者の羽生善治二冠(はぶよしはるにかん)(47)は「昇段のスピードに驚(おどろ)かされています。将棋の内容(ないよう)も積極的な動きが特徴(とくちょう)で、磨(みが)きがかかっていると思います」と述(の)べました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報