東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<文化編>上が九州 14世紀の日本地図発見

 日本のほぼ全域(ぜんいき)が残っているものとしては最古級の地図が見つかったと広島県立歴史博物館(福山市)が発表しました。14世紀半ばの室町時代に描(か)かれたとみられ、北海道を除(のぞ)く全ての地域が載(の)っています。

 見つかったのは「日本扶桑国之図(にほんふそうこくのず)」という縦(たて)約120センチ、横約60センチの地図です。九州側を上に、東北側を下にして、京都を中心に68の国が団子(だんご)のような丸みを帯びた形で描かれています。一方で沖縄(おきなわ)は、鎌倉(かまくら)時代の表記の特徴(とくちょう)とされる「龍及国(りゅうきゅうこく)」と書かれていました。

 福山市出身の収集家(しゅうしゅうか)が手に入れてこの博物館に預(あず)け、博物館が紙質(ししつ)なども調べて、描かれた年代を特定しました。これより古い14世紀初めの日本地図が2点ありますが、いずれも一部が欠けていました。発見された地図は、7月から開く博物館の企画展(きかくてん)で公開予定です。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報