東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<生きもの編>はぐれ赤ちゃんクジラ 鎌倉海岸に

神奈川県鎌倉市の海水浴場近くに打ち上げられたシロナガスクジラの死がい=6日

写真

 神奈川(かながわ)県鎌倉(かまくら)市の海水浴場近くの海岸で5日、世界最大の動物シロナガスクジラの死がいが打ち上がっているのが見つかりました。生まれて数カ月の赤ちゃんで、母親からはぐれたと考えられています。

 赤ちゃんは体長約10メートル、死後数日〜数週間とみられます。シロナガスクジラは、大きいもので体長30メートル以上になります。日本の海岸に打ち上げられたのは初めてです。

 死がいは6日に解体(かいたい)され、トラックで運び出されました。胃の中身などを調べた後、骨格(こっかく)標本にする予定です。

 6日朝から様子を見守ったという近くの小学4年生、佐藤碧さんは「初めてクジラを見てびっくりした。赤ちゃんのクジラがお母さんとはなれて死んでしまったのは悲しいと思った」と話しました。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報