東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<スポーツ編>大坂選手、全米テニスで日本勢初V

トロフィーをかかげる大坂なおみ選手=8日、アメリカのニューヨークで(共同)

写真

 女子テニスの大坂(おおさか)なおみ選手(20)がアメリカのニューヨークで8日に行われた全米(ぜんべい)オープンで、日本勢(ぜい)として初めて四大大会のシングルスで優勝(ゆうしょう)しました。決勝は元世界ランキング1位であこがれのセリーナ・ウィリアムズ選手(36)を破(やぶ)り、涙(なみだ)を流して喜びました。

 ハイチ出身の父、日本人の母を持つ大坂選手は大阪(おおさか)市生まれのアメリカ育ち。3歳(さい)でテニスを始め、父レオナルドさんの手ほどきで成長しました。身長180センチ、体重64キロの恵(めぐ)まれた体からくり出す男子顔負けの高速サーブや強打が武器(ぶき)です。

 決勝の後には「セリーナと全米オープン決勝でプレーするのは夢(ゆめ)だった。それがかなってうれしい。プレーをしてくれてありがとう」と感謝(かんしゃ)した大坂選手。プレーとともに、ユニークなコメントや愛らしい表情(ひょうじょう)で人気を集めました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報