東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<スポーツ編>広島3連覇 西武は10年ぶりV

10年ぶりのパ・リーグ優勝を決め、胴上(どうあ)げされる西武の辻監督=9月30日、札幌ドームで

写真

 プロ野球はセ・リーグが広島、パ・リーグは西武(せいぶ)が優勝(ゆうしょう)を果たしました。広島は3連覇(れんぱ)で9度目、西武は10年ぶり22度目(西鉄(にしてつ)時代を含(ふく)む)のリーグ制覇(せいは)となりました。

 広島は4年ぶりに開幕(かいまく)戦白星を挙げるなど好スタートを切り、他チームに大差をつけて独走(どくそう)。投手陣(じん)は大瀬良大地(おおせらだいち)投手が先発陣の柱に成長。打線は丸佳浩(まるよしひろ)選手、鈴木誠也(すずきせいや)選手が引っぱりました。

 辻発彦監督(つじはつひこかんとく)の就任(しゅうにん)2年目を迎(むか)えた西武は開幕8連勝で勢(いきお)いに乗り、浅村栄斗(ひでと)選手、山川穂高(やまかわほたか)選手を軸(じく)に強力打線で白星を量産。一度も首位を譲(ゆず)らずに頂点(ちょうてん)に立ちました。

 日本シリーズ進出を争うクライマックスシリーズは、10月13日にレギュラーシーズン2位と3位によるファーストステージで開幕。広島と西武は10月17日に始まるファイナルステージから出場、日本一を目指します。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報