東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<科学編>がん新治療 本庶さんノーベル賞

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見で笑顔を見せる本庶佑先生=1日、京都市で

写真

 今年のノーベル賞に京都大学の本庶佑(ほんじょたすく)先生(76)が選ばれました。がんの治療(ちりょう)に「免疫(めんえき)」を利用するという画期的な薬に道を開いたとして医学生理学賞を受賞。日本人のノーベル賞受賞は2年ぶり、26人目です。

 免疫は、ウイルスやがん細胞(さいぼう)を攻撃(こうげき)して取りのぞき、体を病気から守る仕組みです。でも一部のがんは攻撃をのがれ、世界で1年に何百万人もの命をうばっています。

 本庶先生は免疫細胞の表面で、攻撃にブレーキをかけるPD−1というタンパク質(しつ)を発見。がん細胞がPD−1と結合し、攻撃を受けないようにしていたため、それを阻止(そし)する薬の開発につなげました。これで多くの患者(かんじゃ)が救われています。手術(しゅじゅつ)、放射線(ほうしゃせん)、抗(こう)がん剤(ざい)に続く、がん治療の4本目の柱となりました。本庶先生は会見で、子どもたちに「重要なのは何か知りたいという思い。不思議だなという心を大切にしてほしい」と話しました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報