東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<社会編>福島に原発事故伝える資料館

東京電力廃炉資料館の展示=福島県富岡町で

写真

 東京電力福島第一原子力発電所(原発)の事故(じこ)や、原発を解体(かいたい)する「廃炉(はいろ)」などについて伝える「東京電力廃炉資料(しりょう)館」が、福島県富岡町(とみおかまち)にオープンしました。2階建てで、展示(てんじ)面積は約1900平方メートルです。

 「わたしたちが思いこんでいた安全とは、東京電力のおごりと過信(かしん)にすぎなかったとまざまざと思い知らされました」。展示は、こうしたナレーションが流れ、2011年3月11日の東日本大震災(だいしんさい)の発生から事故が起きる経過(けいか)などを伝える映像(えいぞう)が始まります。

 核燃料(かくねんりょう)が高温になって溶(と)け落ちるメルトダウンが起きて建物が爆発(ばくはつ)したことを伝え、事故直後の緊迫(きんぱく)した様子を再現(さいげん)したドラマも上映(じょうえい)されます。

 第一原発は、廃炉を目指した作業が行われています。資料館では、巨大(きょだい)なスクリーンや映像技術(ぎじゅつ)などを通じて廃炉の現場にいるかのような体験ができます。展示内容(ないよう)は、半年ごとに見直します。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報