東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>うらさきのあさい

 母の認知症が進み、施設に入りました。

 もともと耳が遠く、言葉を分かってもらうのが大変でした。

 一人で暮らしていた時も、「ナス」の話をしようとしたら「ナスって何?」。「紫の野菜」と説明すると「うらさき?」「あさい?」。言葉が像を結ばないのです。ただ、字で「ナス」と書けば理解してもらうことができました。

 考えてみると私たちは話している時に随分と聞き違いをします。聞き直すときもありますが、「うらさきのあさい」だったら頭の中で「紫の野菜」に修正しているときもあります。

 修正できない母は、「意味の分かる言葉の世界」にいるのではなく、「意味の分からない音の世界」にいて、どんな気持ちなのでしょう。

 母は最近、「ナス」と書いても「ナスって何?」と、「ナス」という音のつながりが意味することが分からないときがあります。普通に会話ができるのはすごいことなんだ、と思ってしまいます。

  (佐藤京次)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報