東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>木々の名前

 カシとナラの木を見分けられますか? 私は同じドングリの木でもクヌギやシイなら分かります。ナラも何とかなります。でもカシは分かりません。だから「カシはナラなんだよ」と言われたら…。

 カシは漢字で「樫」。木へんに堅いと書くのは木が堅いからでしょうか。一方、ナラは「楢」。樹皮はクヌギに似ていますが、葉が違います。この文章を書く前にカシを公園で確認してきました。樹皮も違うし、常緑樹ということもあって、落葉樹のナラとすぐに見分けがつきます。

 どうしてナラとカシにこだわるのかって? 実は四十年間、オークはカシと訳すのだと思っていたのに、ナラと訳した方がいいことを最近知ったのです。だとするとカシはナラ? いやいや、カシはカシで、オークがナラ。ということは「指輪物語」で訳者の神宮貞夫さんがオーケンシールドを「樫の盾」としたのは間違い? 競馬の「オークス」はカシとは関係ない? 

 私の頭の辞書も改訂しないと駄目なようですね。 (佐藤京次)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報