東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<新聞で新聞を作る>「第14回新聞切り抜き作品コンクール」より 小学生の部・優秀賞 群馬県太田市立中央小学校

写真

 「あやまっても命はもどらない」。紙面左側上段のコメント風の見出しがインパクトを与えている。新人女性社員が過労自殺した広告大手、電通の社長が謝罪する記事に添えたもので、残業による自殺をなくしてほしい、という作者の強い思いが伝わってくる。

 右側上段には「電通だけじゃなかった」という見出しとともに、長時間労働をさせたとして労働基準監督署が是正を勧告した企業の記事を掲示。政府が残業規制強化に乗り出すことを報じた記事には「悲げきをくりかえさないために」という見出しをつけた。

 ポイントとなる記事に自分の思いを込めた見出しを添えることで、読者が過労死事件について理解できるよう工夫しているのが特徴だ。

 製作した五年(昨年度)の田口麗嵐(れいらん)さんは「残業をしている人に声がけをしたり、SOSに気づいてあげるといいと思う。しょうらいぼくが大人になって仕ごとをするようになったら、残業の無い世の中になっていてほしい」と思いをつづる。

     ◇

 東京新聞・第十五回新聞切り抜き作品コンクールの作品を募集しています。関東の小・中・高校生が対象で、応募締め切りは来年一月十四日です。詳しくは東京新聞のホームページ(教育)をご覧ください。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報