東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>下手が上手

 校閲が仕事なので読む記事も多いのですが、内容とは関係ないところで言葉的に「面白いな」と思うことがあります。いくつか書き出してみると…。

 「下からまわしを取るのは上手。取り方を分かっている」は伊勢ケ浜審判部長(当時)の逸ノ城関へのコメントです。念のためですが、上手(うわて)は「相手の腕の上からまわしをつかむこと」です。なかなかこんな上手(じょうず)に、文字にするまで面白さに気づけないコメントは言えません。

 「ヘリで颯爽(さっそう)と登場する姿は華やかでも、山は隊員にとっても危険」。山岳救助隊長を紹介する記事です。「とっても」が、「大変に」か「…の立場でも」か、断定できません。新聞の性格上、後者だとは思いますが…。

 高知県大川村が村議会の廃止を検討している、という記事の「足が悪かったりして総会に出るのが難しい人は多いと思う」というコメントでは「足」が本当の足か、交通手段の比喩なのか分かりません。ただ、どっちにしても総会出席が大変なのに変わりありません。 (佐藤京次)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報