東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>ゲキョウク

 先日、電車の向かい側の座席にいた二十代らしきサラリーマン三人が、京都支社の話をしていました。そのうちの一人が何回も「ゲキョウク」と言っていて、最初は何のことかと思っていたら「下京(しもぎょう)区」であると分かりました。

 「上中下」は日本の地名によく登場します。下を「げ」と読むのは岐阜県下呂市のほか下条が「げじょう」というところもあります。政令市の行政区の名前などは、ニュースを聞いたり、地図帳を見たりして覚えるしかありません。

 新潟県は越後の国ですが、その県内は京都から近い順に上越、中越、下越(かえつ)と分けます。群馬(上野(こうずけ))と新潟(越後)両県を結ぶ鉄道は「上越線」というので、上がどの意味なのか紛らわしいですね。

 また旧国名は「前中後」も使われます。岡山、広島県の備前(びぜん)、備中(びっちゅう)、備後(びんご)も読み方に注意が必要です。陸前、陸中はあるのに陸後はなく、陸奥(みちのく、むつ)です。陸奥は、もともと東北一帯を指し、その一部を陸前、陸中と呼ぶようになったそうです。 (高田照二)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】