東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>「単願」「専願」

 センター試験が終わり受験シーズンも本番となります。五十歳代後半以上の者は、国立大学が一期校、二期校と分かれ二回受験チャンスがありました。一九七九年に共通一次試験が導入されると機会は一回になり、途中から複数受験できるようになりました。九〇年からは今のセンター試験に変わりました。二〇二一年には思考力重視の新共通テストが予定されており、入試方法も時代ごとに大きく変わります。

 大学入試用語は、ほぼ統一されているようです。しかし高校入試となると、地域で違うことがあるので注意がいります。例えば、私立高校を一校しか受けないかわりに入学を確約するという意味を関東地方では「単願」といいますが、関西をはじめ多くの地方で「専願」を使います。さらに地域ごとに別の意味でも使われるので、よく調べないといけません。

 東京新聞にも年一、二回紙面で、他地区発のニュースに「専願」が出てくることがあります。状況によって意味を付け加えるなどの配慮が必要となっています。 (高田照二)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報