東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>憎悪(ぞうお)と増悪(ぞうあく)

 訃報の記事で「急性増悪」という言葉を見かけるようになりました。死因に触れた部分です。「慢性心不全の急性増悪のため…」「パーキンソン病による急性増悪のため…」などと使われています。

 この「増悪」を正しく読めますか?

 「憎悪」にとてもよく似ているので「ぞうお」と読んでしまいがちですが、これは「ぞうあく」です。記事でも記者が間違えて「急性憎悪」としてしまう傾向があり、校閲部としては注意しています。

 「増悪」は「ますます悪くなる」という意味です。「急性増悪」は「悪かった状態が、急激に、さらに悪化すること」です。訃報の記事に「急性増悪」が見られるようになったのはなぜでしょうか。

 医療の進歩で、かつては死に直結した病でも、ひとまずは小康状態で療養できるようになりました。でも、さまざまなきっかけで、病が牙をむきます。そうした経緯で亡くなったとき、「急性増悪」という言葉が使われているように思います。使用例が今後も増えそうです。 (東松充憲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報