東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>のるかそるか

 「のるかそるかの大ばくち・大勝負」のように、成功するか失敗するか、いちかばちかというとき「のるかそるか」と言うことがあります。「乗るか反るか」という表記を時々目にしますが、一般的には「伸るか反るか」が正しいとされています。真っすぐに伸びるか、反対側に曲がるかということです。

 それは矢を作ることに関係します。軸になる竹の太さが均等で真っすぐでないと、矢が狙った方向に飛びません。それで型にはめて竹を矯正しますが、真っすぐになって矢に使えるかどうか、型から取り出すまで分からなかったことから生まれたことばのようです。

 では「乗る」の表記はどこから出たのでしょう。

 「乗」に「勝つ」という意味があるので博打(ばくち)では「乗る」が使われた、物を賭けて勝負を決める意味の「賭(の)る」が「乗る」になったなどの説があります。

 そこで新聞の表記ですが、「伸(の)る」が難読なこと、漢字で書いても直接意味に結び付かないことなどから、原則は「のるかそるか」と平仮名で書きます。 (浴野裕)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報