東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<新聞で新聞を作る>「第15回新聞切り抜き作品コンクール」より 中学生の部・優秀賞 千葉・市川市立東国分中学校

写真

 「これから世界を動かしていく中心的な存在になりそう」と、人工知能(AI)をテーマに選んだ市川市立東国分中学校二年の小林薫奈(ゆきな)さん、宮内亜花李(あかり)さんペア。互いの得意分野を生かし、文章は宮内さん、デザインは小林さんが主に担当した。幼稚園時代からの幼なじみで今も同じ吹奏楽部。「二人そろえば最強」と信頼し合う仲だ。

 まず目に飛び込んでくる太字のタイトルは「共」の部分で縦と横に折り、「人と共に進む」「共存する未来」の二つの意味を感じさせる工夫をした。小林さんは「マイナス面を強調した怖い記事が多かったので、あえて明るい未来につながるイメージにしたかった」と話す。

 二十一枚も集めた大中小サイズの切り抜き記事を「テトリス(上から落ちてくる四角ブロックを組み合わせて消していく電子パズルゲーム)のように並べて」(宮内さん)、他の応募作品の一・五〜二倍近い情報量を盛り込んだ。

 二人は「今回は情報を入れようとするあまり余白がなくて絵を入れられなかったので、来年度はそこを改善して最優秀をとりたい」と意気込む。

      ◇

 東京新聞・第十五回新聞切り抜き作品コンクールへの多数のご応募ありがとうございました。近く、第十六回コンクールの募集を開始します。詳しくは東京新聞のホームページ(教育)をご覧ください。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報