東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>ヤマ?サン?

 学生時代、広島出身の友人に「岡山のワシュウヤマ(鷲羽山)は景色がいいそうだね」と聞いたら「ワシュウザンと読むんだ」の返事。当時、人気の小兵力士のしこ名がワシュウヤマだったのです。

 山の読み方は「サン」「ヤマ」「セン」など多様です。兵庫、岡山、鳥取の三県にまたがる国定公園の氷ノ山後山那岐山は「ヒョウノセン・ウシロヤマ・ナギサン」と全部読み方が違います。

 上毛三山の赤城山は地元・群馬では「アカギヤマ」で親しまれています。しかし国土地理院のサイト「日本の主な山岳」では「アカギサン」で備考欄に「アカギヤマ」と記入されています。

 宮城、山形県境の蔵王山は、宮城側で多く使われる「ザオウザン」に対し山形側では「ザオウサン」が主流で、併記を求めてきた結果、三月に地理院電子地図で両方書かれるようになりました。

 それでは、読み分けの基準があるのでしょうか。「サン」は信仰の対象になっている山という説がありますが、例外も多いそうです。 (高田照二)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報