東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>白衣

 新聞・放送の用語担当者が集う、新聞用語懇談会全国総会の関西地区の活動報告で、四国八十八カ所霊場のお遍路さんが身に着ける「白衣」の読み方が取り上げられていました。

 漢字の音読みには伝わった時代などから、漢音・呉音・唐音があり、「呉音」は仏教関係によく使われます。「白」を「ハク」、「衣」を「イ」と読む漢音に対し、「ビャク」、「エ」と読むのが呉音の代表的な発音だと考えていた私は、仏教に関係するお遍路さんは「びゃくえ」と読むものと思い込んでいました。

 ところが、漢音と呉音を合わせた形の「はくえ・びゃくい」と読み、放送では「白衣(はくい)の天使・白衣(はくえ)の装束・白衣(びゃくい)の行者・白衣(びゃくえ)観音」というふうに読み分けていることを知りました。

 新聞では読み方に迷う場合、間違った読み方を示すより、あえてルビを付けないことが時々あります。その点、放送では音(おと)にしなければならないので、読み方には新聞とはまた違った気配りをしているようです。自分の先入観による判断を戒める会議になりました。 (浴野裕)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報