東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>波乱と波瀾

 波乱は波瀾と書くのが正しいのでは−。サンデー版漢字クイズコーナーに読者から問い合わせが届きました。「瀾」は波を意味するので「乱」をあてるのはそぐわない、とのご指摘です。

 本紙では波瀾万丈を除いて、すべて波乱で統一しています。こうした漢字の書き換え例は実際たくさんあります。無慚は無残に、沈澱は沈殿に、抒情は叙情に、といった具合です。コーナー担当の早稲田大教授・笹原宏之さんによると「書き換えは表記を簡素化したり国語政策に準拠したりするために新聞・出版界などで戦前から行われてきたもので、国語審議会などが追認したものもある」とのこと。そして波瀾自体に争い・乱れという意味・用法もあることから、波乱との書き換えは必ずしも無理のあることではない、ということです。

 新聞に使われる漢字は、多くの人に読みやすくするため、多種多様で奥深い漢字の世界からほんの一部を基準として選んでいるにすぎないのですね。 

  (緒方博郁)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報