東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<新聞で新聞を作る>「第15回新聞切り抜き作品コンクール」より 小学生の部・優秀賞 群馬県千代田町立 東小学校

写真

 子どもの数は減っているはずなのに、保育園の待機児は増えている。それが自分たちの住む町にもある問題だと知った小学六年(当時)の根岸留那(るな)さんと大谷心暖夢(みのん)さんは、「少子化なのになぜ?」という素朴な疑問をテーマに新聞記事を集めました。

 「保育」をキーワードに調べるうち、保育園だけでなく保育士も足りていないこと、その解決策も見つかっていないこと、保育園だけでなく学童保育にも待機児がいることなど、関連するさまざまな問題へと視野は広がりました。

 待機児が減らない中、二〇一七年衆院選の争点として浮上した保育無償化の記事にも注目。読者投稿欄に待機児の親や短大生らの生の声を見つけ、「いろいろな意見を読んで、無償化よりも待機児童問題の解決をたくさんの人が望んでいることがわかりました」と書きました。

 二人は最後に、こうまとめています。「私たちがしょう来、働きながら子どもを育てるようになったときには、子どもをあずけ、安心して働くことができるような社会になってほしいと思いました」

◆読者とともに

 第十六回新聞切り抜き作品コンクールの応募を受け付けています。詳しくは東京新聞のホームページをご覧ください。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報