東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

成人した六つ子「おそ松さん」 ダメ男に萌え 女心わしづかみ

 故赤塚不二夫さんの漫画「おそ松くん」を原作に、主人公の六つ子の成人後を描いたアニメ「おそ松さん」(テレビ東京、月曜の深夜一時三十五分)が、若い女性を中心に大人気となっている。グッズは爆発的に売れ、表紙に採用したアニメ誌は重版、イベントには行列ができる。カラ松ガール、チョロ松ガールなど、六人の中で特に好きな一人を「推し松」とする“松ガール”も多い。女性たちの心をがっしりとつかむ怪現象の秘密に迫った。 (鈴木学)

 東京・池袋のアニメ専門店「アニメイト池袋本店」の店頭に置かれたキッチンカーに女性の行列ができる。車体には六つ子が描かれ、六つ子それぞれをイメージしたドリンクなどが提供される。限定グッズも人気だ。本店隣のビルでも「おそ松さん」とコラボレーションした着席形式の「アニメイトカフェ池袋3号店」が営業中。ともに二月十四日までの期間限定で、利用は予約抽選制だ。

 ブルーの「カラ松ガールズに捧(ささ)ぐソーダ」を手にする千葉県佐倉市の女性会社員(24)の推し松は、もちろんカラ松。「クールで優しいから」という。

 池袋本店で昨年十一月に開かれた「おそ松さんミュージアム」には初日に約二千人の列ができた。当選者だけが利用できるキッチンカーにも、祭り会場のようなわくわく感があふれ、手がかじかむほどの寒さにかかわらず、顔を上気させて楽しむ女性たちの姿が見られた。

      ◆

 「おそ松くん」は一九六二年に少年漫画誌で連載スタート。松野家の六つ子が巻き起こすドタバタを描いたギャグ漫画で、六六〜六七年と八八〜八九年にはテレビアニメも放送された。主要登場人物の一人、イヤミが叫ぶ「シェー」は流行語になり、チビ太ら他のキャラクターも人気になった。小学生だった六つ子が成人したとの設定の「おそ松さん」は、赤塚さんの生誕八十年を記念して昨年十月から放送を開始。一クール(三カ月)の放送を終え、一月から第二クールに突入している。

 アニメ評論家の藤津亮太さん(47)によると、女性に人気なのは、かわいくセンス良くまとめた六つ子の造形、イケメンボイスの桜井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優陣に加え、兄弟を明確に性格分けしたことが特に大きいとみる。六つ子は全員が無職のニートで「しょうもない大人」。ただし、ギャンブル好きだったり、アイドルオタクだったり、かっこつけてばかりいるなど性格はバラバラで、見た目も目の描き方などで判別できるように表現されている。

 「個性が出て六人の関係などが複雑に構成できるようになった。その関係性の中でキャラクターが輝き、特に妄想の好きな女性の心をくすぐったのだと思う」。時折見せる兄弟の結束も、女性の萌(も)え要素の一つ「チーム男子」にはまったとみる。

 欠陥があるダメ男の六つ子に「放っておけない気持ちにさせる」とは、アニメイトの女性社員。ドタバタコントに時にほろりとさせる話も入れ、声優陣の熱演などで女性を取り込み、人気が加速したという。

      ◆

 六つ子が表紙を飾り、六つ子のクリアファイルを付録にした月刊アニメ誌「アニメージュ」二月号は重版がかかった。重版は「機動戦士ガンダム」のマチルダを表紙にした一九八〇年三月号以来、三十六年ぶり。ただ、業界全体が盛り上がっているかといえば、「そうではない」と川井久恵編集長。一人勝ちに近い状況で、アベノミクスならぬ“マツノミクス”と表現する編集者もいるとか。

 一月発売のDVDには未収録となったが、他のアニメ作品をこれでもかとパロディー化した第一話など、赤塚スピリッツを受け継いでいる点も、藤津さんは評価する。「仕掛けてもこうは盛り上がらない。ファン自らがお祭りにしてそれを楽しんでいる状況では」と話している。

◆テレ東「赤塚マインドを継承」

 テレビ東京アニメ事業部の広部琢之さん(46)とアニメ制作部の土方(ひじかた)真さん(42)によると、1988〜89年放送の「おそ松くん」(フジ)を手掛けたアニメーション制作会社「スタジオぴえろ」と2年ほど前から「『おそ松くん』が今によみがえったら」との企画を話し合っていたという。人気声優陣をダメ男たちの役で起用する切り口も新しく感じたという。

 −当初から「いける」見通しはあったのか。

 土方さん 全然。ターゲットが明確な作品が多い中で人気の声優さんたちだけど、誰に向けた作品か分からない印象があった。

 広部さん それでもキービジュアル(メーンのイメージ画像)がポップな感じで、印象に残る作品になるのでは、とは思った。ターゲットが明確ではなくビジネスとしては賭けかもしれないけれど、間口が広い作品だったので広く支持されたのかなと思う。

 −今の人気ぶりは。

 土方さん うれしいとしか言いようがない。「おそ松」の名を使った作品を作る以上、赤塚さんマインドを持って、視聴者をいい意味で裏切るようなチャレンジはしていきたい。

 広部さん 拡散するスピード感は驚くばかり。公式ツイッターのフォロワーは1クールで38万人になった。もともと2クール作るつもりではいたが、「2クールで終わる」とは言っていませんよ。

 

この記事を印刷する

PR情報