東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

欽ちゃん仲代 アドリブGOGOGO NHKBSで4週連続

 萩本欽一(76)が司会を務め、十七日から四週連続でNHK BSプレミアムで放送されるコント番組「欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)」の第一回の収録が東京都内で行われた。俳優の仲代達矢(84)がゲストで登場。萩本と故坂上二郎さんの名コンビ「コント55号」を彷彿(ほうふつ)させる息の合ったコントで笑いを取った。

 二人はNHKドラマ「欅(けやき)の家」(一九九三年)で共演するなど以前から親交があった。萩本は「出てくれたらいいなあと言ったら、ディレクターが言っちゃったんだよね。私は止めたんだけど、出てくれただけで幸せ」と満足そう。仲代も「欽ちゃんのファンだから即決でした」と快諾した。

 収録では、萩本からのさまざまなリクエストに見事なアドリブで応えた仲代。「打ち合わせもなかったけど、欽ちゃんなら僕を助けてくれると思った。やりすぎたかなと反省しています」と笑顔を見せた。

 仲代が「欽ちゃんはアドリブ風でも計算してやっているのはお見通し。あなたはチャプリンと同じように天才です」と持ち上げると、萩本は取材陣に「新聞に書いて! 宝物として、お守りのように持ち歩きたい」と笑いを誘った。

 この日は萩本の誕生日で、仲代は「八十四歳の私から見れば、まだまだ、はな垂れ小僧。どんどん活躍してほしい」とエールを送った。

 番組では劇団ひとり(40)や前野朋哉(31)、中尾明慶(28)ら中堅、若手俳優がコントに挑戦する。第一〜三回は午後八時、第四回の六月七日は同七時半スタート。 (砂上麻子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by