東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

沈みゆく光の向こうに 河瀬直美監督作品 弱視男性と女性が見る希望

本作はアップを多用している。「人物の心情が受け取りやすいよう意図的にそうしました」と話す河瀬直美監督

写真

 カンヌ国際映画祭など海外で高い評価を受ける河瀬直美監督(47)の新作「光」が二十七日、公開される。視力を失いゆく男性カメラマンと出会い、変わっていく女性の姿を、監督の故郷奈良を舞台に描く。本作は開催中の同映画祭コンペティション部門に選出されており、最終日の二十八日(現地時間)を前に、受賞の期待も高まっている。 (鈴木学)

 前作「あん」(二〇一五年)の完成後、登場人物の動作や情景をナレーションで伝える視覚障害者向け「音声ガイド」の原稿を読んだことが原点となった。監督は「自分以上に作品のことを考えてくれている。同志を得た気がした」と感じ、本作の脚本を書いた。

 主人公の美佐子(水崎綾女(みさきあやめ))は音声ガイドの仕事をきっかけに弱視のカメラマン雅哉(永瀬正敏)と出会う。無愛想な雅哉にいら立ちを覚えながら、彼が撮影した夕日の写真に感動し、その場所へ連れていってほしいと思うようになる…。

 俳優には舞台となる場所に撮影前から実際に住んで配役のままに生活してもらうのが「河瀬流」。水崎には実際にガイド原稿も書いてもらった。うまく表現できずに流す涙は本物だ。

 役になりきっているかが試されるシーンの一つが、劇中映画を流し、視覚障害者らが音声ガイドをチェックする「モニター会」。心に迫る生の言葉を引き出すためリハーサルはなし。プロの俳優以外に一般の視覚障害者も出演しているが、台本は渡さず、実際に思ったことを言ってもらった。俳優はアドリブを交えて応じたという。「ここが失敗すると、この作品はだめになってしまうので時間をかけました」と話す。

 二人がキスする山の上や、雅哉の部屋に差し込む夕日など、光の描写にはこだわった。視力を完全に失う不安や孤独に苦しむ中で雅哉は新たな光を見つけ、家族の問題を抱え迷っていた美佐子にも光が見える。「光を失った人に見える“光”を表現したかった」という。劇中映画の「目の前から消えてしまうものほど美しい」「思いが尽きないんだ」といったせりふに、二人の心情を代弁させた。

 「2つ目の窓」(一四年)で奄美大島を、「あん」で東京を舞台にし、久々に奈良での撮影となった。故郷では、河瀬監督の認知度も高くなっており「エキストラに困らなくなった」と笑う。

 今後取り組みたいテーマに「不妊治療」を挙げる。自らの周囲でも不妊に悩む声があるという。「これまで家族のありようを描いてきたので、遠からず取り組めればと思っています」

    ◇

 河瀬監督がカンヌ国際映画祭に参加するのは今年で8回目で、日本人監督で最多となる。1997年に「萌(もえ)の朱雀」でカメラドール(新人監督賞)、10年後の2007年には「殯(もがり)の森」で最高賞パルムドールに次ぐグランプリを受賞。今年はその10年後で、パルムドールへの期待もふくらむ。

 監督は「作品の力はあると思っている。今回は劇中映画も扱っているので、審査する人が映画監督だったら感じるところはあると思う」と話した。

◆「光」カンヌ公式上映 大拍手に監督「言葉にならない」 

 第70回カンヌ国際映画祭で23日(日本時間24日)、最高賞を競うコンペティション部門に出品されている「光」が公式上映された。上映後、会場は大きな拍手に包まれ、河瀬監督や出演者らは感極まった様子で抱き合い、喜びを分かち合った。

 「言葉にならないものがこみ上げ、まだ整理できない。(観客らと)一体感を持てた喜びはかけがえのないものだと感じています」と河瀬監督。永瀬も「(エンドロール後)格好良く立ち上がろうと思っていたんですけど、駄目でした」と笑顔で語った。

 コンペ部門の審査員長はスペインのペドロ・アルモドバル監督が務め、授賞結果は28日夜(同29日未明)に発表される。 (カンヌ共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by