東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

Eテレ「趣味の園芸」 種まき水やり50年

 NHK・Eテレの「趣味の園芸」(日曜朝)が放送50年を迎えた。「季節の草花の楽しみ方、育て方を分かりやすく、正確に伝える」というコンセプトはそのままに、放送2500回を超える老舗番組は、園芸好きの日本人から愛されてきた。

 「20世紀はブームに乗っかってニーズに応え、最先端の情報を伝えてきた。近年は、新しい園芸のスタイルや花と緑との関わり方を発信してきた。その姿勢が視聴者の信頼につながったのではないか」。2010年から今年6月初めまで担当してきた土田貢司前チーフプロデューサー(CP)は、これまで番組が続いてきた理由をこう分析する。

 1967年に始まった番組の歴史は、そのまま日本の園芸史と重なる。開始当初は、盆栽や国内に自生する山野草などを紹介していたが、海外の植物が身近になってくると、それらをいち早く取り上げた。90年代に「ガーデニング」が流行語に選ばれるほどのブームになれば、それを意識したテーマを設定し、マンション住まいが増えると、庭がなくても楽しめる園芸を提案した。常に時代の流れをくみ取って視聴者に寄り添ってきた。

 21世紀に入りガーデニングブームが下火になると、園芸に対する需要は伸び悩み、番組のメイン視聴者も60〜70代のまま。これまでのスタイルを続けても尻すぼみになるという危機感から、高齢者や愛好家以外の新しい層を取り込もうと、リニューアルを進めてきた。

 2011年から司会を務める30代の俳優、三上真史(まさし)さんは、視聴者目線の丁寧なナビゲートが好評。「園芸王子」として幅広い層から親しまれ、裾野の広がりに一役買っている。「園芸は暮らしを豊かにするし、植物から教わることも多い。興味はあるけど、やり方が分からないという人が園芸を始めるきっかけにしてほしい」と呼び掛ける。

 番組では、従来の「植物の育て方」に加え、「花と緑との新たなつき合い方」を提案する。視聴者から園芸にまつわるエピソードを募集して紹介する「花信」や、番組の講師が視聴者の庭を訪れ、リフォームする「解決!ガーデンマスター」というコーナーをここ数年で立ち上げた。中でも「解決!−」は若い層から応募が多いという。

 今年からは、花を写真に撮るテクニックを紹介するコーナーを始めた。「自分で育てる」ことからハードルを下げ、より多くの人に興味を持ってもらうのが狙いだ。土田前CPは「花と緑には、人を感動させたり、人生を変えたり、人と人とをつなげる力がある。その可能性を訴えるのがこの番組」と力を込める。「趣味の園芸」という“庭”にはますます多くの人々が集いそうだ。

◆バラの達人・平泉成が語る魅力

 俳優平泉成(せい)さん(73)は、二十年ほど前から自宅でバラを栽培している。一、二本から始めて、現在では三十種五十本ほどになったという。「趣味の園芸」五十周年の記念番組にも出演した平泉さんに、園芸の魅力などを聞いた。 (聞き手・鈴木学)

 −始めたきっかけと、お気に入りの種類は。

 家を建てた時、近所にキレイなバラを育てている家があって「おれもやってみようか」と思って始めました。バラは咲いたところだけではなく、咲き終わった後も見て、香りもかいで選びます。洋服選びと一緒で好みが出ます。お気に入りは、薄いピンクで花が比較的大きなロココ。可憐(かれん)な一重のデンティベスも好きです。

 −栽培するのは難しいイメージですが。

 品評会に出すなら神経も使うけれど、私は百パーセント趣味だから。病気があるから、丁寧に消毒するぐらいです。失敗? コガネムシの幼虫みたいなのに根を食べられて枯らしたこともあったけど、失敗から学ぶこともあります。

 −魅力は。

 まずキレイ。手入れをしていると心が落ち着くね。五月ごろの開花を見据えて剪定(せんてい)、消毒、肥料と一年かけて手入れをしていくんですが、手を掛けた分だけ応えてくれるのでカワイイ。どんなバラを足すのかを考えるのも楽しいね。

 −園芸を始めて思ったこと、自身が変わったことは。

 「花がなきゃダメだ」と思っていたけれど、葉っぱもなく、冬の寒空に向かって伸びた姿もいいなと思うようになりました。そこから芽が出てきれいな花を咲かせる。頑張って冬を乗り切れば、花開く時が来る。人間も同じじゃないかな。仕事で慌ただしい日常から少し離れることができる。俳優って共演者、スタッフなど多くの人とする仕事だから、一人で植物と接するのはいい時間です。

 −これから始めようとする人へアドバイスを。

 すてきだと思うものを一本買ってきて、それを育ててみては。次の年に花が咲いたらもう一本というように、じっくり増やしていくのがいいと思います。

<ひらいずみ・せい> 1944年、愛知県生まれ。64年に大映京都第4期フレッシュフェイスに選ばれ芸能界入りし、映画やテレビで活躍。ハスキーな声と人間味のある演技で知られる。現在、日本テレビのドラマ「過保護のカホコ」に出演中。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by