東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

戦争の記憶 呼び覚ます 実情を次世代に…戦後72年特番

 戦後72年の夏。テレビ各局は原爆や戦争の惨劇を伝える番組を放送する。戦争の記憶が薄れる中、各番組は次世代にその実情を伝えるため、さまざまな工夫をする。戦争の悲劇を振り返る機会となりそうだ。 (砂上麻子)

 NHKは、女優の波瑠がナビゲーターを務める「“原爆の絵”は語る〜ヒロシマ 被爆直後の3日間〜」(NHK総合、6日午後1時5分)を放送する。

 番組では、広島平和記念資料館が所蔵する「原爆の絵」を時系列で紹介し、被爆直後の3日間を追体験するように編集。絵に書き添えられた生々しい心境をつづった文章を、波瑠ともう1人のナビゲーター、東出昌大が読み上げる。

 波瑠は「被爆者が自らの実体験を書き残した原爆の絵を保存し伝えていくという取り組みは、私の子どもや孫の世代につなげていけると思います。少しでもお手伝いができて本当に良かった」と話す。

 また番組に合わせて、NHKと資料館が約4200枚の原爆の絵を超高精細画像で撮影しデータベース化。資料館では、被爆者が目撃した日時と場所の情報を画像にリンクさせ、8Kモニターで見せる特別展示が16日まで行われている。

 テレビ朝日は「ザ・スクープスペシャル」(6日午後1時55分)で「ビキニ事件63年目の真実」を放送する。1954年3月にビキニ環礁での米国の水爆実験で被ばくした地域住民やマグロ漁船「第五福竜丸」の乗組員を追跡取材。

 TBSは「終戦72年特別番組 秘密〜いま明かされる4の真実」(12日午後3時)を放送。熊本県錦町に残る地下秘密基地など、戦時中に「秘密」とされた事実から戦争の悲惨さや愚かさを伝える。「NEWS23」の星浩と雨宮塔子の両キャスターが出演。

 このほか、NHKスペシャル「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」(13日午後9時)では、日中戦争から太平洋戦争にかけ細菌兵器を開発した731部隊設立の謎に迫る。終戦直後に行われたハバロフスク裁判の音声記録を発掘し、部隊中枢メンバーの肉声から、細菌兵器の開発を推し進めた実態を明らかにする。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by