東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

各局、選挙特番 強力布陣 あす投開票で

 衆院選の投開票日の22日夜、テレビ各局は特別番組を組んで選挙結果を速報する。各局とも人気ジャーナリストやキャスターを起用し、選挙結果を分析する。 (砂上麻子)

 選挙特番といえば、すっかりおなじみなのがジャーナリスト池上彰。政治家への鋭い質問から「池上無双」とも呼ばれ、今回もテレビ東京の「池上彰の総選挙」(午後七時五十分)でメインキャスターを務める。池上は十九日に取材に応じ「『大義なき総選挙』と批判されるが、野党が離合集散を繰り返し争点が見えにくくなった。あらためて今回問われていることを皆さんと考えていきたい」と意気込みを語った。選挙特番では他局から一目置かれる。「他局から追われる立場になった。さらに先を行かないといけない」

 日本テレビの「ZERO×選挙2017」(午後七時五十八分)は、メインキャスター村尾信尚(のぶたか)を中心に選挙結果を伝える。スペシャルプレゼンターの桜井翔は働く同世代が直面する課題を取材、解決策を探る。

 テレビ朝日は「選挙ステーション2017」(午後七時五十七分)。普段の“ステーション”では月−金曜日の富川悠太、土曜日の高島彩、日曜日の長野智子の各キャスターがそろい踏みする。二部(深夜零時半)では田原総一朗が与野党論客と「朝まで徹底生討論」する。

 TBSの「激突!与野党大決戦 選挙スタジアム2017」(午後七時五十七分)では、夕方ニュース「Nスタ」の井上貴博アナウンサーとホラン千秋が選挙特番に初めて挑戦する。

 午後七時からボクシング村田諒太選手とアッサン・エンダム選手の再試合を生中継するフジテレビは、試合の合間の同八時ごろ、各党獲得議席予測を報道。試合中も画面に選挙情勢を表示し、同九時半から「FNN選挙特番 ニッポンの決断!2017」を放送する。

 NHKは午後七時五十五分から翌朝午前四時半まで「2017衆院選開票速報」を組む。「クローズアップ現代+」の武田真一アナウンサーをはじめ「ニュース7」の鈴木奈穂子アナウンサー、「ニュースウオッチ9」の桑子真帆アナウンサーが出演。大河ドラマ「おんな城主 直虎」は午後七時十分から放送。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報