東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 伝統芸能一覧 > 記事

ここから本文

【伝統芸能】

<評>全員見事な「菅原伝授」 国立劇場 5月文楽公演

 豊竹英(はなふさ)太夫は祖父豊竹若太夫の前名を継いで、六代目呂太夫を襲名。披露の役場は昼の部「菅原伝授手習(すがわらでんじゅてならい) 鑑(かがみ)」寺子屋の段(前半)。誰を身代わりに、と悩みながら帰宅した源蔵は、松王丸とのやりとりも良い。襲名を祝うとともに、さらなる活躍を期待したい。三味線は鶴澤(つるざわ)清介。後半の松王丸夫妻がわが子を弔う「いろは送り」の場面は、哀れにも美しい鶴澤燕三(えんざ)の三味線に乗せて、豊竹咲太夫が締めくくる。人形は松王が吉田玉男、源蔵が吉田和生、千代が桐竹勘十郎、戸浪(となみ)が桐竹勘寿。

 寺子屋の前に戻り、桜丸切腹は竹本文字久太夫、三味線は鶴澤藤蔵。本公演第一の出来栄えで、人形は吉田玉也の白太夫が良い。

 「菅原伝授」は全員が力を出し切って見事な舞台になった。

 夜の部は「加賀見山(かがみやま) 旧(こきょうの) 錦絵(にしきえ)」。筑摩川と又助住家(すみか)の二段は、作者が手段を弄(ろう)し過ぎるためか、太夫は焦点を絞りきれない。又助一家の崩壊にも、観客の同情は集まるだろうか。長局の段は浄瑠璃の竹本千歳太夫、三味線の豊澤富助、人形の和生(尾上(おのえ))と勘十郎(お初)がともに大奮闘で立派な場になった。大切(おおぎり)の奥庭では、従来は傘を使った独特の立ち回りが数多くあるはず。美しい場面だけにもっと見たいものだ。二十九日まで。 (倉田喜弘=芸能史家)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by