東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 伝統芸能一覧 > 記事

ここから本文

【伝統芸能】

猿三郎と段之が猿之助の秘話を語る お茶の水で開催

 歌舞伎俳優の市川猿三郎と市川段之(だんし)が11、15、21日の午後3時から、東京・お茶の水のカフェ「エスパス・ビブリオ」でトークショーを開催する。市川猿翁(三代目猿之助)、四代目猿之助らが活躍する沢瀉屋(おもだかや)の「生き字引」などと称される2人が、2人の猿之助の秘話などを披露する。

 メールまたは電話で申し込む。各日定員70人。2500円(ワンドリンク付き)。メール予約の場合、「猿三郎・段之トークショー」と件名を記入し、希望日、氏名、電話番号、人数を明記しinfo@espacebiblio.superstudio.co.jpへ送信する。また、カフェ内のギャラリーでは27日まで、猿三郎が描きためた絵画23点と、写真家齋藤芳弘さんが撮影した当代猿之助の舞台写真の展覧会を開催している。入場無料。

 エスパス・ビブリオ=(電)03・6821・5703(火−土曜、午前11時半〜午後8時、月曜休み)。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報