東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 伝統芸能一覧 > 記事

ここから本文

【伝統芸能】

<評>幸四郎の進化に期待 歌舞伎座「二月大歌舞伎」

 東京・歌舞伎座は先月に続いて高麗屋三代の襲名披露。

 昼の部「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」で松本幸四郎が大蔵卿をつとめる。片岡秀太郎の鳴瀬、中村時蔵の常盤御前、中村歌六の八剣勘解由、尾上松緑の鬼次郎、片岡孝太郎のお京と、どこをとっても安心して見ていられる顔触れ。「井伊大老」は中村吉右衛門の井伊、中村雀右衛門のお静の方の深い情愛に彦根の風景が目に浮かぶよう。中村梅玉の長野主膳、中村歌六の仙英禅師。他に「春駒祝高麗(はるこまいわいのこうらい)」「暫(しばらく)」。

 夜の部「熊谷陣屋(くまがいじんや)」は、二枚目の印象の強い幸四郎の熊谷がくっきりと線の太い豪快さ、重厚さを見せる。幸四郎はこの二カ月の襲名披露狂言で幅広い役柄の可能性を示し、これからの進化・成熟が大いに楽しみ。尾上菊五郎の義経は品格と柔らかさが無類。中村魁春の相模がまことに貴重な古風さで、雀右衛門の藤の方、市川左団次の弥陀六とそろって、これも充実の大舞台。中村芝翫が梶原、中村鴈治郎が堤軍次に出て襲名に華を添える。

 「寿三代歌舞伎賑(ことほぐさんだいかぶきのにぎわい)」は幹部俳優が両花道から舞台まであふれんばかりに居並んで壮観。舞台が変わると三人だけの襲名披露口上でさっぱりとして気持ちがいい。「仮名手本忠臣蔵 七段目」、松本白鸚(はくおう)の由良之助は、蛸肴(たこざかな)を口にするくだり、お軽に身請けを告げるやりとりなど、本心をちらりとのぞかせるリアルで巧みな心理描写に特長がある。市川染五郎の大星力弥。

 平右衛門とお軽は、日替わりで片岡仁左衛門と坂東玉三郎(奇数日)、市川海老蔵と尾上菊之助(偶数日)が演じる。菊之助のお軽のクドキ(女性が自分の心情を切々と訴える場面)が情熱的。松本錦吾の斧九太夫、松本高麗五郎の鷺坂伴内。二十五日まで。

 (矢内賢二=歌舞伎研究家)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報