東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 伝統芸能一覧 > 記事

ここから本文

【伝統芸能】

<評>仁左衛門の「悪」美しく 歌舞伎座「四月大歌舞伎」

 歌舞伎座の昼の部はまず真山青果「江戸城総攻」より「西郷(さいごう)と勝(かつ)」。江戸城の無血開城を実現した歴史的会談を描く。尾上松緑の西郷は自然な鷹揚(おうよう)さがいい。中村錦之助の勝、坂東彦三郎の山岡鉄太郎。

 「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」に世話の筋を織り交ぜた「裏表(うらおもて)先代萩」は、尾上菊五郎が仁木弾正(にっきだんじょう)と小助の二役。本領は世話の小助で、ごく自然にさらさらと演じながら、せりふやしぐさの間の良さで悪党らしいリアリティーとテンポを作り出す。市川団蔵が強欲で好色な医者の大場道益を好演。河原崎権十郎の大場宗益、片岡孝太郎の下女お竹。「御殿」の場、中村時蔵の政岡はやや淡彩。市村萬次郎(まんじろう)の栄御前に安定感がある。「床下」の荒獅子男之助は彦三郎。対決の場は、小助が盗んだ金を元手に小間物屋の主人に収まっているという筋に改変されたが、かえって分かりにくく薄味な場面になった。

 夜の部は片岡仁左衛門一世一代と銘打った「絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)」。仁左衛門が左枝大学之助と立場の太平次の二役で、歌舞伎味満点の悪を演じ分ける。大学之助の、鷹(たか)を死なせた童を切り殺す一瞬の激情、家臣をだまし討ちにする狡猾(こうかつ)。太平次の愛嬌(あいきょう)と、一つ家の場の暗闇に浮かび上がる凄味。いずれも躊躇(ちゅうちょ)なく邪魔者を殺していくあっけなさが生々しく現代的でゾッとさせるが、それが見事に歌舞伎の様式美と一体化している。

 時蔵のうんざりお松は伝法さと色気に富み、妙覚寺裏手の場で太平次にからむあたりが甘く印象的。錦之助の与兵衛は文句なしのはまり役で、孝太郎のお亀、上村吉弥の女房お道、片岡松之助の番頭と周囲も揃(そろ)って近ごろの見もの。二十六日まで。 (矢内賢二=歌舞伎研究家)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報