東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 伝統芸能一覧 > 記事

ここから本文

【伝統芸能】

<評>歌舞伎座「団菊祭」 旬の役者勢ぞろい

 歌舞伎座の団菊祭は十二代目市川団十郎の五年祭。

 昼の部「通し狂言 雷神不動北山桜(なるかみふどうきたやまざくら)」は、やはり「毛抜(けぬき)」と「鳴神(なるかみ)」が面白く見られる。

 「毛抜」の市川海老蔵の粂寺弾正(くめでらだんじょう)は、見得(みえ)に意外に力感が出ないが、おおらかでありながらテンポが軽快。中村雀右衛門の巻絹(まきぎぬ)が古風な色気と品のよさで一級品。「鳴神」の海老蔵の鳴神上人は、朝廷にあらがう高僧の貫目は薄いが、鷹揚(おうよう)で愛嬌(あいきょう)があって爽快。尾上菊之助の雲の絶間姫(たえまひめ)と二人のバランスがぴったり。市川齊入の白雲坊、片岡市蔵の黒雲坊が飄々(ひょうひょう)としてうまい。

 昼の部は他に中村時蔵の「女伊達(おんなだて)」。男伊達に中村種之助、中村橋之助。

 夜の部の「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」は、浜松屋・勢揃(せいぞろい)と、極楽寺屋根・山門・滑川土橋の二幕。定評のある尾上菊五郎の弁天小僧がまさに極め付きの名品。流れるように芝居を運ぶ間のよさ、歯切れのいいせりふが心地よく、決まり決まりの顔と姿が錦絵の美しさ。市川左団次の南郷力丸(なんごうりきまる)。海老蔵の日本駄右衛門(にっぽんだえもん)、尾上松緑の忠信利平(ただのぶりへい)、菊之助の赤星十三郎と、新世代の並ぶ「勢揃」が芸の継承を象徴する。滑川土橋の場は中村梅玉の青砥藤綱(あおとふじつな)が立ち姿だけで舞台一杯の大きさ。

 「鬼一法眼(きいちほうげん)三略(さんりゃくの)巻(まき) 菊畑」は、松緑の智恵内、時蔵の虎蔵がともにはまり役だが、義太夫にのるおもしろさがもう一歩。市川団蔵の鬼一が渋く皮肉な味わいで好演。坂東亀蔵の笠原湛海、中村児太郎の皆鶴姫。

 「六歌仙(ろっかせん) 容(すがたの)彩(いろどり) 喜撰(きせん)」の菊之助は、当然のことながら女形としての体の持ち味が前面に出て、やや生々しい不思議な感触。時蔵のお梶。二十六日まで。 (矢内賢二=歌舞伎研究家)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報