東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 伝統芸能一覧 > 記事

ここから本文

【伝統芸能】

金馬・川柳 30日「二人会」

 落語界の長老、三遊亭金馬(89)と川柳川柳(かわやなぎせんりゅう)(87)の二人会「牛込落語会」が三十日午後六時から、東京都新宿区の牛込箪笥区民ホールで開かれる。

 芸歴七十七年の金馬と六十三年の川柳の初めてという二人会は、かつて寄席や演芸場でにぎわった東京・神楽坂界隈(かいわい)の笑いの文化をよみがえらせようと二〇〇九年から始まった「神楽坂落語まつり」(二十三、三十日)の一環の会として実現。同区在住の金馬は「何が飛び出るかねえ」とにやり。

 牛込落語会は柳家喬太郎、古今亭菊之丞らが出演する午後二時開演の会もある。カンフェティチケットセンター=(電)0120・240・540。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報