東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 伝統芸能一覧 > 記事

ここから本文

【伝統芸能】

<評>歌舞伎座「六月大歌舞伎」  印象深い吉右衛門の団七

 昼の部は「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん) 三笠山御殿」から。中村時蔵のお三輪が初々しい。ことに花道から本舞台に来て「どうしょうなあ」と途方に暮れるあたりに娘らしいあどけなさと大胆さがよく出た。嫉妬のあまり「疑着の相」に変じるところも鮮明で劇的。尾上松緑の鱶七(ふかしち)は陽気さと豪快さが得がたい魅力。坂東楽善(らくぜん)の蘇我入鹿、中村芝翫(しかん)の豆腐買(とうふかい)。

 次に尾上菊之助の「文屋(ぶんや)」。「三笠山御殿」から緋(ひ)の袴(はかま)の官女が立て続けに登場するのはいただけない。

 「野晒悟助(のざらしごすけ)」は尾上菊五郎の悟助が錦絵のような厚ぼったい美しさ。菊之助の浮世戸平はすっきりと爽やかで、市川団蔵の渋い六字南無右衛門(ろくじなむえもん)と三人並んだ取り合わせがおもしろい。市川左団次の提婆仁三郎(だいばのにさぶろう)にどっしりとした貫禄があって舞台を支える。中村東蔵の後家香晒(かざらし)、河原崎権十郎の子分忠蔵。市村橘太郎の扇屋下女が軽妙な演技で芝居を弾ませる。

 夜の部の「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」。中村吉右衛門の団七は、殺しの後の孤独感、絶望感が印象深い。中村歌六の釣船三婦(つりふねのさぶ)、東蔵のおつぎ、中村雀右衛門のお辰、菊之助のお梶、中村錦之助の一寸徳兵衛(いっすんとくべえ)と顔ぶれがそろって、総体に引き締まった舞台。嵐橘三郎の義平次が手ごわく突っ込んだ芝居で憎々しさを出していい。

 「巷談宵宮雨(こうだんよみやのあめ)」では龍達(りゅうたつ)を初演する芝翫が強欲好色の老け役を好演。松緑の太十(たじゅう)も腹に一物ある男の暗い翳(かげ)りをよく表して、雀右衛門のおいちと好一対。ここでも鼠(ねずみ)取りの薬売(くすりうり)を演じる橘太郎が愛嬌(あいきょう)の底に陰惨さを漂わせて大当たり。中村梅花の早桶(はやおけ)屋女房、中村京妙の桂庵婆がリアリティーたっぷり。二十六日まで。 (矢内賢二=歌舞伎研究家)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報