東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 伝統芸能一覧 > 記事

ここから本文

【伝統芸能】

本條秀太郎ら 趣向の三味線 21日公演

 民謡から端唄まで幅広い分野の三味線音楽を追求する本條秀太郎とその一門が二十一日午後零時半(昼の部)と同四時半(夜の部)、東京・紀尾井小ホールで「第十三回俚奏楽(りそうがく)研究会」公演を開催する。俚奏楽は、作曲家でもある秀太郎が創始した流派で、新しい三味線音楽として広がっている。

 今回の公演は、秀太郎の唄と三味線で、民謡をモチーフにした「花の江島」(昼の部)、「みちのく三番叟(さんばそう)」(夜の部)、三味線で吉原の四季の情景を表現する器楽曲「女人角田(にょにんすみだ)〜たゆたう〜」(昼夜)などを披露する。

 傳燈樂舎=(電)03・3303・5180。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報