東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 伝統芸能一覧 > 記事

ここから本文

【伝統芸能】

87歳の「釣狐」 野村万作挑む 30日、国立能楽堂

 和泉流狂言師の人間国宝、野村万作(87)が三十日午後六時半から、東京・国立能楽堂で開催の企画公演「素の魅力」で、袴(はかま)狂言「釣狐(つりぎつね)」を披露する。前シテ(前半)の部分を面(おもて)も装束もつけずに、紋付きと袴で演じる。

 激しい体の動きが求められる曲で二〇一四年、芸歴八十年記念公演の際に「最後」と表明したが、役への愛着はさらに深まり、今回挑むことにした。「老いの華があるかどうかは分からないが、八十代の『釣狐』でいいと思っている」と話し、「装束をつけなくても(狐の役が)にじみ出るものがある。観客の想像力を期待しながら演じたい」と語った。ほかに舞囃子(ばやし)新作「智恵子抄」。国立能楽堂=(電)03・3423・1331。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報